ファッションに野球帽を取り入れるなら人気のキャップを選ぼう

野球帽を被った漫画でのキャップ・キャラクターまとめ

昭和時代、野球は日本人にとって一大娯楽でした。老いも若きも野球に夢中で、特にプロ野球の話題は日本人男性の共通言語でした。そんな時代を反映してか、昔の漫画にはベースボールキャップを被ったキャラクターがよく登場します。
今回は昭和漫画の中からベースボールキャップを被ったキャラクターを何人かピックアップしてみました。なお野球漫画のキャラクターを含めると際限がなくなるので、ここでは除外しています。
1、大将(ひみつのアッコちゃん)
乱暴者でイタズラ好きのガキ大将。無地のキャップを前後逆にして被っています。
2、怪物くん(怪物くん)
怪物ランドからやってきた超能力使いの王子様。赤と青の二色がパラソル状に色分けされたキャップを着用。
3、カバ夫(パーマン)
タラコ唇がトレードマークのガキ大将。Kと刺繍された赤いキャップを被っています。
4、サブ(パーマン)
カバ夫の子分。Sと刺繍された白いキャップを着けています。
5、ブタゴリラ(キテレツ大百科)
八百屋の息子で乱暴者。青いキャップを着用。
野球帽ではありませんが、他にも矢吹丈(あしたのジョー)や近藤隆太(はだしのゲン)はハンチング帽姿が印象的です。
いかがでしたか。圧倒的なガキ大将率ですね。野球帽は活発、男性的といった印象を与えるのでしょうか。帽子以外にも特定のファッションに着目して漫画のキャラクターを見ていくのも面白いかもしれませんね。

イチオシ記事

キャップはお手入れが大事

最近はまたキャップが人気になってきているのです。このキャップですがきちんと手入れをすることによってきれいな状態を保つことができると言わ…

野球帽を被った漫画でのキャップ・キャラクターまとめ

昭和時代、野球は日本人にとって一大娯楽でした。老いも若きも野球に夢中で、特にプロ野球の話題は日本人男性の共通言語でした。そんな時代を反…

キャップによる印象の変化

キャップは今多くの芸能人もプライベートでつけている方が多いです。中でも男性であったら、三代目やBIGBANGのG-DRAGONが被って…

野球ファンの好きなキャップを使ったおしゃれ

帽子の中でも着こなしが難しいとされるキャップは、被り方次第で野球少年のような雰囲気を出すことがあります。ベースボールキャップの世界水準…